転職・就職情報サイト就職全般子育てママの就職バイブルケース別成功例

著者プロフィール

言葉の暴力から自信をなくしていたケース


言葉の暴力から自信を
なくしていたケース



言葉の暴力から自信をなくしていたケース/
35歳(子供−3歳・1歳)


最初は子供二人を連れて相談に見えたのですが、
話すうちにご本人が泣き出してしまい、子供が心配して
お母さんの涙を拭いてあげていたのが印象に残っています。

この方は、夫に「お前はダメな人間だ。」と言われ続けていました。
いわゆる言葉による暴力(DV)です。

私のところに来られた時には自分でもそう思い込んでいて、
すっかり自信を失っている状態でした。
長い間言われ続けてきたことによって、自分自身でも
「自分はダメな人間だ。」と思うようになっていたのです。

次からは子供はおいて一人でカウンセリングに来られたので、
じっくりとお話をすることができました。

この方には、過去の楽しかった経験や
成功体験を思い出してもらいました。

そうすることで、
自分の存在を自分自身で認めることができるようになり、
それが自信にもつながっていくのです。

そして、大学で法律を勉強されていたことについて
お話をしていただいた時に、ご本人の顔がぱっと明るく輝いたのです。

そうなると、後は早いです!

「自分は法律をやりたくて大学でも勉強したんだ。
その知識を活かして人の役に立ちたいと思ったんだ。」

と、過去に抱いた夢や感情が湧き出してきたのです。

そうして、応募した求人は法律事務所の事務でした。
50倍を超える倍率の中、見事に採用となりました。


あの輝いたままの顔で面接に及ぶことができたことが、
採用につながったのだと思います。

夫は、素直に喜ぶことはしなかったものの、
かなり驚いた様子だったとのこと。

でも、本人はこの就職は夫を見返すことが目的ではなかったので、
夫の態度はどうでもよいという感じでした。
それは、自分の力で自分を取り戻した素晴らしい姿でした。


【美咲朱里からのコメント】
最初にこられたときには、精神的な治療が必要かもしれない
と思ったほど落ち込んでいました。

このように一種の洗脳をされてしまっている場合には、
確かに時間はかかります。

しかし、無意識のうちに「そうではない!」
という心の叫びをキャッチしたからこそ、
相談に来られたとも言えるのです。

それを自分自身がいつ自覚できるかが鍵でした。



お金はない。子供の預け先もない。
大した資格や就業経験があるわけでもない。

とにかく将来への不安ばかりを抱えているあなたに送る一冊。

「働きたいママ」から「働く女性」へ
なるための子育てママの就職バイブル。

女性キャリアコンサルタント美咲朱里による、
年間約1000件ものカウンセリング経験から導き出した
就職率85.4%、最強就職メソッドを明かします。



 子育てママの就職バイブルで正しい就活を…



美咲朱里の子育てママの就職バイブルはこちら